IMG_0295のコピー.PNG

ここに来るひと

A Visitor

Installation|2018

これは、イルカちゃんという名の女の子が、画面の向こう側から自分に興味を示して来る人が実際に現実世界に存在するのか、確かめてみた記録映像である。

皆最初は、イルカちゃんが目の前にいることに半信半疑だった。しかし小一時間もしないうちに、彼らは自らについて饒舌に話し始める。

イルカちゃんとの間で交わされる秘密の会話は、ドロドロとした欲望にまみれた会話だ。しかし、わたしたちのプライベートなエリアに入り込んでくることで、やっと気づく。わたしたちも潜在的に隠し持っている、認められたい、満たされたい、といった気持ちでこの会話もまた紡がれている、ということを。そしてこの会話の主に、傍観者であるわたしたちもなり得る、ということを。

This is a recorded image that a girl named Iruka(mean:Dolphin) checked to see if there actually exists in the real world a person who shows interests to me from the other side of the screen.

Everyone was dubious at first for being Iruka in front of their. But in less than an hour, they start talking about themselves.

Are they lying in front of Iruka, do they show some unseen things? Or is it when it was exchanging information only by letters, is it the real figure, or is there no real figure from the beginning? We can scare carefully the discrete words we exchanged and only guess.

©2017- 2019 by Lei Nishikata.